2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






口唇ヘルペスと精油

風邪をひくとあっと言う間に口唇ヘルペスが出来てしまいます(T_T)
鍼をしてもらうようになって長い間できなかったのですが
今回の風邪でついに出来てしまいました。
たまっていたなんらかの疲れがでた~!って感じの風邪でした。

口唇ヘルペスは
できちゃうと大変なんですよね~
ウイルスが
あちこちにとびひして次々新しい水ぶくれができるし
それが完治するまで、二週間~一ヶ月ほどかかる
すごく痛いんですよね

以前は口唇ヘルペスが出来ると病院に行って飲み薬かぬり薬を貰いました。
あれって飲み薬とぬり薬はどちらかしかもらえないんですよね~、でも両方必要なので貰えないのはめんどくさいなと思ってました。
それに飲み薬は副作用で体がしんどくなってしまってました。
点滴行ってる時間がないと結構大変。

ヘルペスってほんとやっかい

それが数年前にいいのを見つけたんですよ~
私の特効薬は精油です
キャリアオイルで希釈した精油をちょちょいとぬると
めちゃくちゃ傷の治りがはやい!
広がらないし、痛くならないんですよ~!

(もし試してみようと思われる場合は専門家に相談されるか自己責任でお願いしますね。精油の種類によっていろいろと禁忌があります)

ヘルペスでイヤな思いをずっとしていたので、これが良いと知った時はめちゃ嬉しかったです

精油のパイン、レモン、タイムは
症状の改善や細胞間の感染を食い止める働きがあるそうです。
私は今回パインを使ってやってみました。

やはり治りが早くて、風邪でしんどくても、ヘルペスの辛さから解放されてルンルンでした(笑)


精油ってほんとありがたいです









今日のトリートメントではベルガモット、フランキンセンス、ネロリの組み合わせを使いました。
お忙しい方なので毎回とってもお疲れになって来られます。
精神的にゆったりするのにベルガモットはとても良いです。
心が疲れた時にはこの精油にとても癒されます

パトリシアデービスさんの「アロマテラピー事典」によると、ベルガモットも口唇ヘルペスに有効なのだそう
ただ、光感作用があるので、ベルガモットを皮膚につけて太陽の光には絶対にあたってはだめなのです。
やけどを起こします。


ちなみにオデオンでは、ベルガモットの光毒性を抜いた
「ベルガモットFCF」を使用しています。


鍼の前にトリートメントをすると、筋肉が緩んでいるのでコリがはっきりとわかってピンポイントで深く鍼が打てるそうです。
鍼前のトリートメントは鍼の効果を上げてくれるのでとてもオススメです
それだけじゃなくトリートメント後の鍼は、痛くないそうですよ。
なのでとても気持ち良くリラックスできます。
最高のリラクセーションですね~

…って自分で言うなよ(笑)


スポンサーサイト
[ 2011/12/20 ] アロマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsugumi0704.blog134.fc2.com/tb.php/111-2a64c1d1