2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






逆子ちゃん

つわりで辛い時期は、いちごと内関への皮内鍼で乗り切ったのですが
周りの理解がないとかなり辛いと思います。

うちは、旦那と上司が同じだったので理解がないとえらいことになる!と危機を感じ、
何とか分かってもらおうとあの手この手でした(笑)

実際私もつわりってテレビでみるあの

「うっ」ときてまさか妊娠かも?

みたいな、あんな一瞬の吐き気だけだと思っていましたが
実は全然ちがうんですね!(笑)

これがびっくりしたことの1つでした。

想像するなら

二日酔い経験のある人なら、2〜3ヶ月毎日が頭痛と吐き気の二日酔い状態。

船酔い経験のある人なら毎日が船酔い状態。

でしょうか…
日々の生活も危ういくらいで

人によっては入院しないといけないほどなんですよね。

主人には、主人が食あたりなど体調不良な時を見計らっては(健康すぎてあんまりないんですけど笑)

「つわりって毎日がこんな感じやでぇ〜」とささやき続け、「ひぇ〜」と怖がらせていました(笑)

女の私でも妊娠出産育児の大変さは想像を超えていましたので

これくらい言っておかないと男性には到底理解ができないだろうな〜と思います。

オホホ〜((^∀^*))((^∀^*))((^∀^*))


そんなつわりも、5ヶ月あたりからは治まり楽ちんな妊婦になったかとおもいきや…

6ヶ月あたりでは逆子ちゃんになってしまいました(T_T)がーん


原因はたぶん…、いや間違いなく(笑)

自分の産みたい病院と母の産ませたい病院が違ったこと…です。

母から色々言われて悩んで悩んで親の望む病院に変更しました。

産んだ病院は良い病院だったし、先生も助産師さんもとても良い方達だったし、

一番望んでいた主人の立ち会い出産もできて良かったのですが、

私にも色々と出産にあたっての夢がありました。

なので残念だったり信頼されていないんだなと悲しくなったり…
産むまで毎日もんもんと過ごしていました。

こんな時、いつもなら自分を貫くはずなんですが
妊娠中はナーバスになるので、ストレスになり逆子ちゃんになってしまったみたいです。

妊婦さんにストレスはダメだと言われる理由、身をもって分かりました。

逆子はよくあることだと認識していましたが、逆子になってしまうとやっぱり心配になるもんですね。

私も心配でしたが、旦那さんが一番心配していたみたいです。

ちょっと時間かかりましたが、お灸と皮内鍼、逆子体操でがんばっていたら1ヶ月ほどで元にもどってくれました。

よかった〜!

逆子体操って今は効果ないのではないか?と言われているみたいですね、

病院の先生も「やってもやらなくてもどっちでもいいよ〜」とおっしゃってました。

少しでも確率上げる為にやりましたけど。

どれが効いたか、本当の事は分かりませんが個人的には皮内鍼がきいたのかな〜と思いました。






スポンサーサイト
[ 2017/01/21 ] 妊娠出産と鍼 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsugumi0704.blog134.fc2.com/tb.php/369-1af87b6a