2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






生理中の鍼は?

生理中は鍼をお休みした方がいいのですか?
とお問い合わせいただくことがあります。

オデオンで鍼を受けて頂くときに
女性の方には、ペーパーショーツをはいていただいているのですが

鍼の時にはこのペーパーショーツを履いていただいても、
自前のショーツを履いていただいてもどちらでも大丈夫です。
 
生理中はもちろん自前のショーツで受けていただいてOKです。


本当は生理中にこそ鍼をしてもらいたい!!と鍼師は思っているそうです。
(しらなかった~

なぜかというと

生理は、
女性の体から月一回、体のわるいものを生理として出してくれるのだそうです。
生理中に鍼をすることで子宮への負担が軽くなります。


生理痛のひどい日に急遽、鍼に来てくれる方もおられます。
ずいぶんと楽になるそうです。


生理の前後はホルモンが大きく変化する時なので、その時に鍼で腰をゆるめてあげると
ホルモンのバランスがよくなります。

人の体が大きく変化する時に
たとえば、生理中、出産の前後、手術の前後など
鍼をすると体への負担が減るので、体が楽になります。
回復も早いのでしょうね。
そうそう、マラソンなどスポーツをされている方も何人かおられるのですが
大会前に鍼に来ていただいています。体への負担が減るからでしょうね。



そんなことで、生理中の鍼はオススメです。
生理痛で来られる方はみなさん「楽になりました~」って言って笑顔で帰って行かれます









スポンサーサイト
[ 2011/10/13 ] はり | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsugumi0704.blog134.fc2.com/tb.php/85-6e0757ea